1clickr.com

Apple製品全般、ガジェット、文具にバッグにレザーが好物です。

記事タイトルをここに

記事の軽い説明など
2行に分けて入れると尚よい

記事タイトルをここに

記事の軽い説明など
2行に分けて入れると尚よい

記事タイトルをここに

記事の軽い説明など
2行に分けて入れると尚よい

記事タイトルをここに

記事の軽い説明など
2行に分けて入れると尚よい

記事タイトルをここに

記事の軽い説明など
2行に分けて入れると尚よい

Apple Watch Series 3 GPS + セルラーモデル【レビュー】Series2との比較

f:id:oneclicker:20171215032647j:plain

こんにちは。@1clickr です。

Apple Watchは初代から各モデルを使ってきました。しかし、iPhoneの各モデルのように発売日を待ち構えて、というアグレッシブさは時計に関しては持ち合わせておりません。新型が出て、しばらくは一つ前の機種を使いつつ他の人のレビューなど見ているうちの欲しくなるという感じです。

今回のシリーズ3、最終的にどこが決め手となったかと言うと、ずばり「赤いリューズ」です。もちろんCellularモデルにしかない外観な訳で、通信機能のついたApple Watchを使ってみたいというのもあります。

 

 

ドコモオンラインショップで購入

f:id:oneclicker:20171215033427j:plain

今回はAppleではなく、在庫もあったのでドコモのオンラインショップで購入しました。アルミニウムモデルが欲しい人は、割引や分割などあるので良いかも知れません。

ステンレスモデルはラインナップされていない(ドコモだけ?)ので、そちらが欲しい人はAppleで購入するしかありません。

 

Apple製品のなかで一番好きなWatchのパッケージ

f:id:oneclicker:20171215033758j:plain

f:id:oneclicker:20171215033718j:plain

時計好きな人は例外なく、パッケージに多少のこだわりがある。僕も例外にもれず時計を買った時に、重厚な箱を開けたりするいわば儀式的なことを好むんですが、Appleもその辺がもちろん分かっているであろうパッケージングであります。

個人的にはファーストモデルのバカでかい、もうロレックスかカルティエの時計が入っているかのような高級感あふれるボックスが好きだったんですが、だんだんとスリムになり現在ではこのようなパッケージになっています。

※こちらはモデルによってはSeries3でも大きな四角い箱に入っているものもあるようです。

 

f:id:oneclicker:20171215034245j:plain

それでも「時計を買った」という特別な気分を味わうには充分な、パッケージングであります。箱を開けてしばらく眺めてしまいました。

 

f:id:oneclicker:20171215034456j:plain

時計の段の下には充電アクセサリー。

 

f:id:oneclicker:20171215034603j:plain

一番上には、手首の細い人用のスペアバンド。こっちに替えれば、手首の細い男性、もしくは女性に合うサイズに対応します。

 

f:id:oneclicker:20171215034753j:plain

f:id:oneclicker:20171215034816j:plain

全面を大切に大切に保護する、半透明フィルムのラッピング。外しやすさもApple製品は考え抜かれています。

 

Apple Watch スペースグレイアルミニウムケースとグレイスポーツバンド(42mm)

f:id:oneclicker:20171215035006j:plain

f:id:oneclicker:20171215035158j:plain

赤いリューズがよく映える「スペースグレイ」。

今回購入したのはアルミニウムのスペースグレイ。シリーズ2はゴールドだったんですが、色は気に入っていたものの、ベルトとのコーディネートが結構しにくい色のため今回は黒にしました。

ベルトはブラックではなく、グレーを選びました。これは前モデルのブラックスポーツバンドを持っているためです。

 

スポーツバンドの万能性は比類ない

f:id:oneclicker:20171215040913j:plain

f:id:oneclicker:20171215035510j:plain

スポーツバンドの金具は黒。スペースグレイとの相性抜群。本当にこのスポーツバンドは素晴らしくよくできたバンドです。柔らかすぎず硬すぎず、耐久性もあり撥水性抜群、汗による劣化や変色もない、そして肌への違和感がとてつもなく少ない素材です。

Appleウォッチには非常にたくさんのバンドがあり、メタル製やレザー製、キャンバスなどありますが、どれかひとつしか持てないとしたら、間違いなくスポーツバンドを選択したいと思える万能のベルトです。

 

Series2ゴールドとの比較

f:id:oneclicker:20171215040244j:plain

f:id:oneclicker:20171215040323j:plain

ゴールドがシリーズ2です。色が違うというだけで、外観に大きな変化はありません。

 

f:id:oneclicker:20171215040400j:plain

しかし最も違うのは、連呼しておりますが赤いリューズ。こうしてみると、これがかなり効いてます。時計とは1日の最も長い時間身につけるアクセサリーでもあるので、これは大きなポイントと感じる人も多いかも知れません。

 

使用感におけるSeries2とSeries3の違いは?

f:id:oneclicker:20171215042948j:plain

その1 バッテリー持ちがよくなった

既に一週間ほど使用していますが、発表では18時間のバッテリー持ちですが、体感で前モデル(Series2)よりも持ちが良くなりました。これは使用頻度や利用環境により違いが出るとは思いますが、僕の使用方法だと充電せずに3日くらいは持ちます。

 

その2 操作反応、動作が速い

小さな画面でタップするので、押してからの反応速度がとても気になります。初代モデルからプロセッサの進化に応じて高速になってきました。Series3ではさらに磨きがかかって、ほぼストレスなく操作ができます。

 

その3 Appleウォッチだけ持ち出せる、究極のスポーツウォッチになった。

これはLTEモデルなので言えることですが、通信が単体でできるようになったので、散歩やジョギングの時にiPhoneを持ち出す必要がなくなったのが、思っていた以上に大きい変化でした。iPhoneがなくても通話もできて、音楽も聞ける、Apple Payで買い物もできて電車も乗れる、アクティビティ記録もしてくれて地図も出る、さらにSiriがしゃべる、などなど、スポーツをする人にはこの上ない相棒になったと言えます。

 

Series 3に「スマートウォッチ」としての完成形を見たf:id:oneclicker:20171215043212j:plain

初代モデルから使ってきましたが、当時はお世辞にもスマートウォッチとして使える代物とは言えず、アプリひとつ使うにもいちいちiPhoneと通信して遅いので、iPhoneを見たほうが早く、大事な時には電池切れ、というありさまでここ一番にはアナログ時計を使ったものでした。

それから2にきて、電池持ちが改善され防水になり、iPhoneからの通知を受け取る時計としては進化したなーという感じになり、

今回の3で「iPhoneがなくても」単体で様々な局面でオーナーを助ける存在になりました。腕時計サイズのiPhoneと言っても良い進化を遂げたと思います。しかしこれはLTE版に言えることです。

 

Series 3の真骨頂はLTE(セルラー)モデルにあり と断言したいほど「最高のApple Watch」が左手にある今、とても毎日が楽しくなりました。心からおすすめです。

 

 

www.1clickr.com

NEW ENTRIES