1clickr.com

Apple製品全般、ガジェット、文具にバッグにレザーが好物です。

記事タイトルをここに

記事の軽い説明など
2行に分けて入れると尚よい

記事タイトルをここに

記事の軽い説明など
2行に分けて入れると尚よい

記事タイトルをここに

記事の軽い説明など
2行に分けて入れると尚よい

記事タイトルをここに

記事の軽い説明など
2行に分けて入れると尚よい

記事タイトルをここに

記事の軽い説明など
2行に分けて入れると尚よい

Kindle Oasisは電子書籍リーダーの最高峰【レビュー】

f:id:oneclicker:20170505221010j:plain

Kindle Voyageをながらく使用していたのですが、ついにOasisにチェンジしました。Voyageとの比較などを書きます。

 

 

Kindle Oasis Wi-Fi + 3G バッテリー内蔵レザーカバー付属 ウォルナット(スウェード)

Kindle Oasis Wi-Fi + 3G バッテリー内蔵レザーカバー付属 ウォルナット(スウェード)

  • 出版社/メーカー: Amazon
  • 発売日: 2016/04/27
  • メディア: エレクトロニクス
 

購入したのはこのモデル。3Gつきを選んだのは出先で本をダウンロードしたい訳ではなく(テザリングで可能ですし)、読書位置の同期などが便利かなと思ったからです。

 

 

Kindle VoyageとKindle Oasisの違い

f:id:oneclicker:20170505221503j:plain

まず大きいのは重さです。ほんとにOasisは軽いです。これだけでも買った甲斐があるというほどに大きい差です。

電子書籍リーダーにおいて「軽さは正義」と強く思いました。
片手ですいすいストレスゼロなんです。

 

Kindle Oasisは軽くて薄い

f:id:oneclicker:20170505221737j:plain

最薄部で比較してみた写真です(見づらくてすいません)

薄さがほんとに違います。軽くて薄いんで、読書に没頭できます。これはほんとです。読書するだけのデバイスにおいて、これは正義です。

 

 

ページ送りボタンの進化

f:id:oneclicker:20170505222002j:plain

Voyageで採用されたページ送りボタン。Voyageは感圧式のうえベゼル幅が狭く使いやすいとは言えないボタンでしたが、Oasisではページ送りボタンの部分のベゼルが広くなり、しかも感圧式ではなく思い切り物理ボタンでカチカチとクリック感があり、雲泥の差ほど良くなりました。

 

 

正方形に近いコンパクトサイズになった

f:id:oneclicker:20170505222523j:plain

2台並べると驚くほどVoyageが大きく重いものだと感じます。
Oasisは正方形に近くなり、かなりコンパクトサイズになりました。液晶サイズはほぼ変わらないのにこのサイズダウンには驚きです。

 

Oasisのほうが色味が暖色系に

f:id:oneclicker:20170505222911j:plain

並べて比較しないと分からない程度ではありますが、Oasisの液晶のほうが少し色温度が高めです。

 

 

まとめ Oasisは買いです

f:id:oneclicker:20170505223047j:plain

発売当初からAmazonのレビューで「高い」「Voyageと価格ほどの差はない」というのを見て躊躇していましたが、自身で使ってみて「間違いなく買い」と思いました。

正直もっと早く買うべきだったとすら思っています。

 

軽くて小さくてサクサク読書できる。バッテリーケースありで充電もばっちり。

バッテリーケースを外して軽々読書。終わったらケースにつけて充電。という使い方ですね。

 

これだけの進化でこの価格は、自分は納得です。

 

そしてこのカラー(ウォルナット)のみスエード製のレザーでビンテージ感満載なのもかなり気に入っております。古びた洋書のような佇まいが本を読む気にさせてくれるのです。

ただ、このレザーは傷がつきやすいのでそれを味として歓迎できない人は違う色のほうが良いと思います。

 

 

Kindle Oasis Wi-Fi + 3G バッテリー内蔵レザーカバー付属 ウォルナット(スウェード)

Kindle Oasis Wi-Fi + 3G バッテリー内蔵レザーカバー付属 ウォルナット(スウェード)

  • 出版社/メーカー: Amazon
  • 発売日: 2016/04/27
  • メディア: エレクトロニクス
 

 

NEW ENTRIES