1clickr.com

Apple製品全般、ガジェット、文具にバッグにレザーが好物です。

記事タイトルをここに

記事の軽い説明など
2行に分けて入れると尚よい

記事タイトルをここに

記事の軽い説明など
2行に分けて入れると尚よい

記事タイトルをここに

記事の軽い説明など
2行に分けて入れると尚よい

記事タイトルをここに

記事の軽い説明など
2行に分けて入れると尚よい

記事タイトルをここに

記事の軽い説明など
2行に分けて入れると尚よい

FILSONとエイジング|武骨ボストンバッグの10年モノ

f:id:oneclicker:20171010161036j:plain

こんにちは。新しもの好きでエイジング好き。要するに新品ばかり買う癖に早く古びてビンテージ感出ろ、的なないものねだりと言いますか。この相反する2つの状態を愛するがゆえ苦悩することも多い @1clickr です。

 

今回は、非常に好き嫌いのはっきり分かれる記事だと承知で書きます。興味のない方には、ただただ小汚いバッグの写真が延々と続きます。好きな人は少数だと思いますが、フィルソンという5年使ってからがスタート(だと思っている)のエイジングブランドの魅力が伝わればと思います。

 

そもそも僕の思うエイジングとは何なのか。ただ単に古くなればいいのか。何か違います。それだと古いもの全てがかっこいいはずなんですよね。古びてなおカッコよい、これも少し違うような。良い品が人の手に触れて、その役目を果たすうちに頑丈なそれが壊れもせず次第に歳を取って渋くなっていく、そんな感じでしょうか。そしてそれは次の世代に引き継ぎたくなるようなモノです。

FILSONの製品はまさにそれを地でいくブランドであり、僕が長年愛してやまないのであります。

 

 FILSONのボストンバッグ

f:id:oneclicker:20171010041340j:plain

今回ご紹介するのはFILSONのボストンバッグです。正式名称はFILSONダッフルバッグスモールです。

 

もう10年以上はラフに使っています。見ての通りの武骨&鬼貫禄バッグになりました。

 

ここまで来ると空港で、高級ブランドのバッグと並んでターンテーブルを回ってきてももはやオーラが違います。存在感が違いすぎるのです。勝ち負けすらそこにはありません。比較できる次元ではないのだとこのバッグが主張しています。

 

FILSONというブランド

f:id:oneclicker:20171010050649p:plain

 

FILSONはアメリカの、もともとゴールドラッシュの時代(1897年〜)に金鉱で働く労働者のためのウェアを作り始めたという筋金入りの頑丈ブランドです。

 

f:id:oneclicker:20171010161335j:plain

画像:Outer Limits

 

最上の天然素材、妥協のない縫製といった労働者のニーズに応えるフィルソンのウェアは、多くの労働者たちの支持を集め、やがてフィルソンのマークは信頼と同義語であるとまで言われるようになる。

fashionpressnetより引用

 

その際に作られたマッキーノクルーザーは有名です。その頑強な製品は、森林警備隊、冒険家や、米空軍、陸軍にも使用されています。

そしてその製品は大量生産ではなく、今でも職人の手によってひとつづつ作られています。

 

f:id:oneclicker:20171010042029j:plain

f:id:oneclicker:20171010041804j:plain

空港のターンテーブルから乱暴に拾い上げ、肩にこの相棒を担ぐだけでなんとも言えない満足感に包まれます。(自己満足の主観話はまだまだ続きます)

このバッグがあると、やたら旅慣れた自分になったような気になれます。

 

外国人によく話しかけられます。いつも何を言っているかはなんとなく分かります。ええバッグもってるやん?と。

 

 

革はオールブライドルレザー

f:id:oneclicker:20171010042054j:plain

f:id:oneclicker:20171010051815j:plain

まず特筆すべきなのは、各所に惜しみなく使用されたブライドルレザー。最高品質です。腰に巻くあのベルト、あれと同じ革、厚みで作られていますからとんでもない強度です。そしてエイジングされた質感もたまりません。

 

金具は真鍮製

f:id:oneclicker:20171010051536j:plain

f:id:oneclicker:20171010051556j:plain

ジッパーやボタン、ベルトクリップなどの金具はサビに強い真鍮製。これがエイジングされると本当にため息が出るほど渋いのです。ああ真鍮。かっこいい。

真鍮が好きすぎて以下のような記事も書きました。

 

メイン生地は撥水性のあるオイルド極厚コットン

f:id:oneclicker:20171010052008j:plain

f:id:oneclicker:20171010052129j:plain

バッグの生地は、厚みのあるコットンにオイルド加工がしてあり、水に強くなっています。フィルソンのバッグは水辺や湿気のあるところでの使用も想定して作られています。このオイルドコットンは好みの分かれるところで、購入後すぐに落とす人も多いですが、僕は経年変化での味がオイルでかなり増すので大好きです。

 

ラフに使ってきたので、角の部分が擦れてほつれが出ていますが破れたり穴が開くまでにはあと十年はかかりそうです。

 

エイジングについて

f:id:oneclicker:20171010052559j:plain

エイジング加工(かっこよく経年変化を促すという意味です)するにあたって、方法は人によって様々だと思います。が、買った状態で通常使用していてもこのような感じにはなりにくいです。

 

あくまで僕の方法ですが、一度風呂場を高温でサウナ状態にして、購入時のオイルを抜いています。その後にオイルを再度入れました。こうすることでオイルがラフに入り雰囲気が抜群に良くなります。

人によっては一度洗濯する、という方もいますがそれだとオイルが完全に抜けてしまいそうではあります(再度入れる、もしくはオイルド加工が嫌いという人には良いかも知れません)が、もちろんメーカーが推奨している方法ではないので、自己責任ですね。

 

まとめ

f:id:oneclicker:20171010035901j:plain

www.filson.com



自分の中では、FILSONはエイジングバッグ界の帝王であると思います。武骨なヴィンテージアメカジを堪能するならこれしかないです。

 

しかし、このように見方によっては「ただのボロ」「小汚い」バッグですが、意外にどんな場所にもすんなり溶け込む、どころか存在感が半端ないので、場所を選ばずかっこいいです。

以上、前からどうしても書きたかったけど躊躇していた記事が書けて自己満足マックスです。読んでいただいた方ありがとうございました。

 

FILSONのバッグはこれ以外にも、ブリーフケースやPCバッグ、リュックやカメラバッグまであります。また次回ご紹介したいと思います。

 

[フィルソン] ダッフルバッグ Duffle-Small #70220 Tan

[フィルソン] ダッフルバッグ Duffle-Small #70220 Tan

 

 

NEW ENTRIES