1clickr.com

Apple製品全般、ガジェット、文具にバッグにレザーが好物です。

記事タイトルをここに

記事の軽い説明など
2行に分けて入れると尚よい

記事タイトルをここに

記事の軽い説明など
2行に分けて入れると尚よい

記事タイトルをここに

記事の軽い説明など
2行に分けて入れると尚よい

記事タイトルをここに

記事の軽い説明など
2行に分けて入れると尚よい

記事タイトルをここに

記事の軽い説明など
2行に分けて入れると尚よい

StickerAppでブログロゴのオリジナルステッカーをオンライン制作してみた

f:id:oneclicker:20170704192710p:plain

オリジナルロゴができたので、念願のステッカーという夢を叶えるべく、うきうきしながらステッカー業者を探してみました。

 

www.1clickr.com

 

その結果ほとんどのステッカー業者が、完成までに、「データ入稿(要イラレ)→校正→切り抜き線の指示→校正→発注(しかも高額)」という、考えるだけで白目の敷居の高さでありました。

 

そもそもIllustratorを使えないので、型抜き線など作れるはずもないんですよね。
アプリで簡単作成、的なものも検討しましたがこれはこれで品質が心配で。でも絶対作りたい。

 

そこで見つけたのが「STICKER APP」というところ。

オンラインで完結するのはもちろん、WEB上で型抜き線まで自動でいい感じにやってくれます。注文の仕方など書きます。

 

 

Sticker Appとは

f:id:oneclicker:20170704193204p:plain

ステッカーを作成しよう! - StickerApp

 

スウェーデンの会社のようです。日本語サイトも準備されています。

ステッカーもスウェーデンから送られてくるようで、お急ぎ便は4日以内に発送されますが、送料は高いです。

オンラインで型抜きまで自動でやってくれるサービスも少ないので、今回試してみました。

 

ステッカー形状と大きさ、数と素材を選ぶ

f:id:oneclicker:20170704193611p:plain

▲発注メニューも分かりやすいです。

左から順に選択していき、最後に画像アップロードするだけです。

画像形式もほとんどの形式に対応しています(なぜかEPSは無理)

 

またこのメニューで選択するときに悩むのがサイズですが、これは後のプロセスでも指定し直せるのでざっくりでいいです。

 

 

実際にステッカーデザインを編集する

f:id:oneclicker:20170704193910p:plain

▲画像アップロードが終わると編集画面になります。

今回はマークのみの角丸四角と、ロゴの型抜きタイプの2種類を発注しました。

 

メニューも直感的で分かりやすいです。左にカットラインがあるので、好みのものを指定してみれば、すぐにプレビューが反映されるので、出来上がりをイメージできます。

 

右上に仕上がりサイズがあるので、数値を変えることができます。

最低枚数と料金も、サイズによって変わります。

 

自動型抜きがかなり優秀

f:id:oneclicker:20170704194318p:plain

▲カットラインを「自由な形状」にすると自動型抜きをしてくれます。

これがかなり優秀です。通常はこれをイラレで自力で作って入稿する必要があり、これが最大の難関でしたが、STICKER APPは見事に敷居を下げてくれました。すごい。

 

あれこれ試していたら7000円を超えていました。

幅が25cmもあるので、この数値を下げると料金も下がります。

 

全て終わったら右上の「保存」で発注画面に進みます。

 

 

いざ発注

f:id:oneclicker:20170704194631p:plain

▲デザインと数量を確認します。

数量は大きさによって最小単位が変動するようです。25枚と32枚がそれぞれの最小ロット数でした。(こんなに必要ないんだけど)

 

支払いはクレジットカードかPayPal。

発送方法は3種類ありますが、普通郵便にしました。

送料込みの総額は「¥6,081」2種類しかも型抜きしてこの枚数にしては相当安いです。

 

届いたらまた記事にしたいと思います。

 

画像さえあれば、型抜きタイプのステッカーもオンライン発注できるのがとても良いサービス。

これが国内発送ならもっと良いですが。あとは最小ロット数がもう少し低くなればまだ注文しやすいですね。

 

リンク:

ステッカーを作成しよう! - StickerApp

 

オリジナルロゴを作った話はこちら

 

 

 

NEW ENTRIES