1clickr.com

Apple製品全般、ガジェット、文具にバッグにレザーが好物です。

記事タイトルをここに

記事の軽い説明など
2行に分けて入れると尚よい

記事タイトルをここに

記事の軽い説明など
2行に分けて入れると尚よい

記事タイトルをここに

記事の軽い説明など
2行に分けて入れると尚よい

記事タイトルをここに

記事の軽い説明など
2行に分けて入れると尚よい

記事タイトルをここに

記事の軽い説明など
2行に分けて入れると尚よい

Happy Hacking Keyboard Professional BT(HHKB)をブラインドタッチもできない素人が買って幸せになれるのか

f:id:oneclicker:20170724185726j:plain

Amazonプライムデーで4Kモニターを買った勢いで、ポチってしまったHHKB(Happy Hacking Keyboard Professional BT)。ブラインドタッチもできなければ、外付けキーボードすら買ったことのない僕が一週間ほど使用した感想など。(キーピッチとかその辺よく知りませんので触れていません)

 

正直に言って、キーボードの大切さを痛感しております。椅子に10万円以上かける人の気持ちが分からず、生まれて初めてアーロンチェアに座って衝撃を受けた時のように。

 

HHKB、それはアーロンチェアの衝撃に似ている

 その昔、椅子に大枚をはたく友人がおりまして、彼を小馬鹿にしていました。「椅子に10万以上も払うなら、そのPCのスペック上げろよ」などと。

 

 ある日彼は「一日何時間座ってる?3時間以上なら一考の価値あるよ」と言いました。あまり座っている時間など考えたこともなかったので、計算してみたら一日6時間以上は座っていました。

 

f:id:oneclicker:20170724193800j:plain

 その年の誕生日、友人は僕にお古のアーロンチェアをプレゼントしてくれました。

 古びたメッシュバックの椅子を見て、ありがたい反面、えらくデカくてクソ重い椅子が届いてしまったな、などと思ったのもつかの間、いざ座ってみて衝撃を受けました。

 

 それは座っている時間に比例して、日に日に、まざまざと、椅子の大切さを思い知らされることになります。友人の言った「3時間以上なら一考の価値あるよ」という言葉とともに。

 

そして今、HHKBを一週間使って、また似たような衝撃をゆるやかに受けております。

キーボードに3万出すくらいならニンテンドーswitch買いたいと思った自分を恥じております。

 

名機と呼ばれるには訳がある

f:id:oneclicker:20170724191207j:plain

キーボードを週何日くらい叩いてる?と聞かれた訳ではありませんが、キーボードに3万出すくらいなら…と誰かに言われたらそう聞きたい。

そして、「一考の価値あるよ」と。

 

意識もしないほど、当たり前に操作しているキーボードが、椅子と同じくらい重要だなんて思いもしませんでした。

しかし、それに気づかせてくれるだけのキーボードだと言えます。

 

f:id:oneclicker:20170724191927j:plain

f:id:oneclicker:20170724192007j:plain

ずっしりとした重さ。漆黒の佇まい。

もう開封したときから異彩を放ちまくっており、キーボードというものの厳粛さを軽く見ていた僕に、そのオーラでちゃんと使えよと伝わってくるようです。

 

 

f:id:oneclicker:20170724192228j:plain

いざ叩いてみると、スコスコスコと慣れない感触。ああ、先人の言っていた打鍵感とはこのことか、という実感が指の感触から浸みわたってきます。

 

しかし、これがしばらく慣れない。あまりに今までのキーボードと感触が違いすぎて、慣れるまで2日ほどかかりました。今では病みつきですが。

 

あと、Macからはその特殊なキーボード配列に「んー」とキーボードを見つめることもしばしば。これが2〜3日経つと慣れてきます。

 

そして、キーを押した時のカシャカシャという音と、スコっと言う「押した感」。これが耳からと指からと絶妙なバランスでなんというか「しっくりきて」心地よくなっています。疲労感のなさも特筆すべき点です。

 

それらは再びいつものMacBook Proのキーボードを押した時に、HHKBの良さを思い知ります。

これはMacBook Proのキーボードが打ちにくいとい意味ではありません。

 

毎回押すボタンはやはり面倒だ

f:id:oneclicker:20170724192727j:plain

叩き出すとこの上ない極上感で幸せをくれるHHKBですが、それを得る前に毎回儀式が必要です。

 

上のボタンを2秒。毎回押します。青く光るまで。

 

しかもその青く光るボタン、押してる指に隠れて見えねー!という欠点すら補って余りある感触は本当にやみつきになります。

ろくにブラインドタッチもできない僕がそうなのですから、できる人はもっとそう感じるのでしょう。

 

足の角度は3段階

f:id:oneclicker:20170724193127j:plain

足の角度は3段階に調整できますが、素人の僕はそのままで良い感じです。

f:id:oneclicker:20170724193316j:plain

▲そもそもノーマルの状態でかなりいい感じに傾斜がついています。

 

 

ディップスイッチでいろいろできます

f:id:oneclicker:20170724193401j:plain

▲僕はMacなので一番左をONにしているだけですが。

 

 

本当に買ってよかった

f:id:oneclicker:20170724193510j:plain

マイデスクでも、いまでは筆頭たる存在感を放っております。 

 

結論

ブラインドタッチができなくても、HHKBで幸せになれる。


ただし毎回2秒の儀式が必要(BTの場合)
※青ランプが指で見える押し方を工夫しましょう。

 

いつかきっと使い込んで、刻印なしのキーに替えるのが夢になりました。

 

 

www.1clickr.com

 

 

NEW ENTRIES